FXの成行注文に関すること

注文ボタンをクリックした時点と注文した値段がFX業者へ到達するまでの本当数秒で値動きする場合が起こり得るのです。こうした事態が成行注文でのスリッページと呼ばれる現象です。「IFD注文」という言い方だと理解できなさそうですが、要するに「指値と逆指値を同時にする」注文の事です。先々に起こりうる損失リスクの事についても想定すると、うまくFXのトレードができるでしょう。買い注文での逆指値については、FX業者の提示するASKの為替レートに比べて高い為替のレートを指定しておきます。『買い』の合図が見えた時点で買いたい場合に注文をする方法です。指値は、前もって決済の時の為替価格を決めることができますので、24時間相場が動いているFX(為替取引)においてどなたでも習得しておきたい注文手段という事が出来ます。冷静になって考えてみれば気付きますが、指値注文(決済)の場合「買いポジション」の時は今現在における為替価格より高い値段で指値の価格を設定しなければなりません。逆指値注文の便利な点は損切り注文として利用できる点で、FXでは為替レートが想定外の動きをしたときにうまい具合にロスカットを行えないと利益どころか損失が生じます。利益を得られる機会をゲットするために前もって実施する注文方法が「指値注文」ですがそれに対し、リスクを避ける目的であらかじめ事前にしておく注文の方法が逆指値注文なのです。事前に自分が設定した価格で取引できるのが指値注文が持つメリットと言えるのですが、逆に、そのレートがその値段まで達しなければいくら待っても売買ができないことになります。

HOME > トレードについて > FXの成行注文に関すること
Copyright(c) 2013 http://reduce-fx.com FX投資はそんなに難しくないんです All Rights Reserved.